ダラけた小僧の音楽れびゅぅ〜

てきと〜に気の向くまま徒然なるままに、、、

KISS(2007)L'Arc~en~Ciel レビュー・感想

 

f:id:veganwally:20161104105322j:image

 

2007年にリリースされた11枚目のアルバムです。

当時中3だったぼくは、友だちとカラオケに行き、その友だちが『Hurry Xmas』を歌いました。

そのPVの衝撃は凄まじかったです。

 

!!なんて楽しそうな世界なんだ!!!

 

クリスマスイヴ(nochebuena)生まれのぼくはそれはそれはクリスマスイヴが大好きなのです。

クリスマスイヴ、聖夜の夜の、呆れかえるほどの幸せで満ちているあの街。否が応でも心が温かくなります。

 

だからクリスマスを題材にした作品はやはり心がザハザハするんです。

『Hurry Xmas』も例外ではありませんでした。

その後PV付きの『Hurry Xmas』を買いました。PV見たさに。そこからPVフェチになるのにそう長くはなかったです。

その大好きな曲が収録されているこのアルバムのレビューです。

 

 

 

1. SEVENTH HEAVEN

★☆☆☆☆

シングル。hyde曰く、カラオケで歌える曲。シングル嫌いなぼくにはちょっとキャッチーすぎました。

知り合いの方が、この曲のてっちゃんのコーラスがイマイチと言っていましたが、ぼくはあまりそう感じませんでした。ちなみにカラオケでは歌えませんでした、笑

 


2. Pretty girl

★☆☆☆☆

ドラムイントロで始まる曲。kenちゃんが花札やってる時にできた曲だった気がします。たしか。

全然悪くなく、非常にキャッチーで疾走感もあるんですが、ぼくのツボには入りませんでした。シャッフルしてたら飛ばしてしまう曲です。

サビが低いところから入るので、カラオケで歌えるかも!って思いやってみたらダメでした、という苦い思い出付き、笑

 shout at the devilやdriver's highなどが好きな人は聴いてみてもいいかもしれません。

 


3. MY HEART DRAWS A DREAM

★★☆☆☆

車のCMにもなった曲。当時中3だったぼくは、ラルクがCMで流れるだけでもテンションが上がったものでした。

ライブでも定番の曲で、ラストの

夢をえ〜が〜く〜よ〜

のところはオーディエンスとシンガロングするのがお決まりになってますね。

タンスの引き出しからまたタンスが出てきたってkenちゃんが言ってた曲です。たしか。

メロディーラインも綺麗で、PVも子どもたちが歌っているシーンが好きです。

ただやはりシングル嫌いのぼくにはキャッチーすぎる。飽きちゃうんですよね。

久しぶりに聴いたらいい曲でした。

多くの人にオススメできる曲ではあります。一部の変わった(?)人はあんまり好きじゃない!って人もいるのではないでしょうか。

 

4. 砂時計

★★☆☆☆

「大切な人を守るために何かを傷つけている」ことがテーマの曲。

まんま歌詞がそんな感じです。

てっちゃんの歌詞はストレートなので、hydeの歌詞を好まれる人は、てっちゃんの歌詞苦手っていう人、いると思います。

個人的にはKISSの曲の中でも、なかなかいい位置にいます。

サビのコーラスが特にお気に入りで、

ipodで聴いているとついつい上を口ずさんでしまいます。

ただやっぱりキャッチー。2回くらいでしばらく聴かなくていいやぁってなっちゃいます。


5. spiral

★★★★☆

個人的にKISSの中で一番好きな曲。

 

なんでこの曲なんだよ!!!!!

とか

サビけっこうキャッチーだろ!!!!!

 

とかツッコまれそうですが、まぁ好きな物には理由がなくて、常に理由は後付けされていくもんですよね。逆もまた真なりや。

Aメロの流れていくようなラインから、

淫らに舞え

の締めまでバッチリです。途中の

"トゥ ダンス ディス ウェーイ"とかの

英語詞が強いて言うならあまり好きじゃないくらいですかね。

Bメロの表拍のツービートとラインの噛み合いとか、コーラスが入ってくるタイミングがぼくの心を掴んで放しません。

ラルクの中の曲でもトップ10に入るくらい好きです。よろしくぅ!

淫らに舞え

のメロディーライン!必聴でございます!

 

 

6. ALONE EN LA VIDA

★★★☆☆

aloneが英語であとはスペイン語。人生において孤独。

孤独と聞くと、坂口安吾をぼくは思い出します。また恩師の先生が孤独はいいが、孤立はするなと仰っていたことも思い出します。

この曲についての解釈をどこか他のブログで目にして、いい解釈だなぁと思ったのでよかったら探してみてください。

 

歌詞は結構好きです。

結局のところ人は本当の意味で孤独で、それでも歩いていかなければならない、

というなんとも遣る瀬なくなるものですね。でも、そういう歌詞だからこそ、ポジティブさが備わっているとぼくは思いました。

KISSの中で2番目か3番目にすきです。

 

 

 

7. DAYBREAK’S BELL

★★☆☆☆

イントロ・Aメロのドラムがトンデモナイかとになってる曲。

ゆっきーも最初大変だったそう。

シングル嫌い発病で、イマイチ。

ダークな曲好きな人は好きになれると思います。

現に従来のファンでもこういう暗いの求めてたんだよ!っていう人いると思います。ダークな曲はシングルにできないものだとぼくは思ってますけど。a silent letterとか。

キャッチーダークだからシングルにできたんだと思います。

ここまで来てわかった方が多いと思いますが、ほんとにぼくのレビュー当てになりません、笑

趣向が合う方は是非見ていってください。

 

 

8. 海辺

★★★☆☆

DAYBREAK'S BELLよりも重い曲。

ALONE EN LA VIDAと同じくらい好きです。

ズズッ ズズッの2番のギターとドラムのユニゾンが大好きです。

サビも気持ちいいいいかんじにハイトーンが抜けていきますねぇ。

硬く重い幕は降りたよ

の部分がメロディーでは好き。

夜に海を見ながらしっとり聴きたい曲です。オススメ。

かなりのスルメ曲でぼくは5年くらい経ってから好きになりました。

 

 

9. THE BLACK ROSE

★☆☆☆☆

珍しくアルバム曲であまりツボに入らなかった曲。

イントロの音の感じはすごい好きなんですけどね。

hydeお得意の不思議な曲とゆっきーが言っていました。サスペンスとかスパイっぽいんだけど、

それならPortisheadの『Dummy』聴くわ!ってなっちゃいます。

全然ちげーよ!ってな、知ってます。

 


10. Link-KISS Mix-

★★☆☆☆

ポップでキャッチー、さらに爽やかでPVもお気に入りです。

モヒカンのhydeよりも

無邪気にハイテク次世代三輪車みたいなやつに乗ってるてっちゃんが好き。あとプールの中で飛ぶところのてっちゃん。

シングルですし、聴き易いので人気も高いのではないでしょうか。

ぼくは、安定のパスで。たまにでいいです。

シングルVer.とアウトロが変わっています。ライブだとこちらのVer.が演奏されますね。

 

11. 雪の足跡

★★★☆☆

クリスマスといえば雪。

そんなぼくですから、雪がテーマのこの曲もとってもお気に入りです。

海辺や砂時計あたりといい勝負。この辺は日によって変わりますね。

hydeもお気に入りの曲らしいです。

 

君がいるから今でも前を向いて進めるんだ

あたりの歌詞が、とても素敵で好きです。冬の、乾燥して綺麗な空気が浮かんできます。早く来ないかな。冬。

冬を彼女と歩きたくなります。バラード好きは聴いてみてください。

ぼくもバラード大好きなんですが、

この曲は何かが足りないです。

 よって星5にならず。

 

12. Hurry Xmas

★★☆☆☆

あんだけハリクリハリクリ騒いどいて2点かよ!とツッコミが聞こえてきますねー。

シングル。だけど、挑戦した曲らしいです。

曲云々ではなく、とにかくPVを見てください。すごく幸せな気分になれます。

クロニクル4で是非!

最後のクリスマスタイムハズカムトゥタウンのところはkenが歌っているようです。

 

 

アルバム全体

★★★★☆

あんだけシングル云々言っといて、結構全体は評価高いです。

全体的に聴くとバラバラだけどまとまっていて、不思議な一枚になっております。ただシングルとかで切り取られると、一回でいいやってなります。

初心者からオススメできる一枚。